ネット総合病院 公式ホームページはコチラから

ネット総合病院の公式サイトのご案内

 

ネット総合病院の公式ホームページでは海外の医薬品の個人輸入の注文代行を行っています。個人輸入の手続きは海外の薬局やバイヤーと取引を行うことになりますが、日本語が通じないことが多いので注文代行を依頼される方が一般的になってきています。

 

また、お支払いについても海外の薬局やバイヤーが指定する海外の銀行口座に振り込みというケースがほとんどです。日本人のかたからすると海外の銀行に振り込みを行うことに高いハードルを感じる方が音も多くいらっしゃいます。しかし、ネット総合病院をご利用いただくことでいくつか支払方法を選択することができます。

 

ネット総合病院で指定することができる支払方法には、クレジットカード決算・銀行振込(国内)・電子マネー・コンビニ支払いから選ぶことができます。クレジットカードはVisa、Master、JCBがご利用になれます。ご利用になる方は断然クレジットカードでお支払いをされる方が多いです。他の支払い方法をご利用になられますと、ご利用手数料が発生することがあります。ネット総合病院では支払手数料はご注文者にご負担いただいています。

 

個人輸入のメリット

 

日本からもたくさんのご注文いただけるようになりました。まだご利用になられていない方に個人輸入を利用するメリットをご案内します。個人輸入とは日本で定められている法律のことです。個人輸入することが認められている医薬品の条件は2つあります。まず一つ目が日本で所持や使用することが禁止されていない医薬品です。二つ目が海外の医療機関が流通を認めている医薬品です。この条件に当てはまる医薬品なら個人輸入を行うことが可能です。

 

基本的に医薬品は名称が同じなら、海外で生産されたものも日本で生産されたものも含まれている成分に違いはありません。どちらで生産されたものを服用しても効果は同じだということになります。それでいた流通価格には違いがあります。原材料や同労賃金が違うからです。一般的に海外で生産された医薬品は日本で生産されたものと比べて流通価格が安くなっています。個人輸入を行うことで現地の価格で購入することができるので、まとめて購入することでその差額はかなり大きくなります。その差額は海外から日本の送料を超えることもあり、日本で購入するよりも個人輸入を利用して海外の医薬品を購入した方が安く済むということになります。

 

個人輸入のもう一つのメリットとしては、日本ではまだ承認されていない医薬品でも対象となることです。個人輸入では日本国内での所持や使用が禁止されていない医薬品であれば、新薬でも注文することができます。細心の医薬品なども個人輸入を利用することで購入することができるということです。ネット総合病院を利用される方の中には、新しく承認されたジェネリック医薬品を求められる方が多いです。

 

ジェネリック薬の承認は日本よりも海外の方が断然早く、世界的に見てもジェネリックについて日本は後進国です。個人輸入を利用することで、商品されたばかりのジェネリック薬でも日本から取り寄せることができます。

 

 

 

 

ネット総合病院でコロナ検査キットを購入する


コロナ検査キットは日本でも大きな需要があります。検査をするためにはハードルが高く発熱だけでは受けることができないこともあるからです。ネット総合病院では海外で流通しているコロナ検査キットの販売を始めました。すでに、日本からの注文される方も出てきており、その方の感想としては、家族で旅行に行く前に検査を行ったそうです。事前に陰性であることを確認することによって、感染を広げてしまうかもしれないという心配をすることなく旅行を満喫することができたといいます。

 

検査キットは一つ2,000円ほどの価格で購入することができます。また、ネット総合病院では同じ商品をまとめてご注文いただくことで商品が割引になる特典があります。コロナウィルス検査キットもその得点の対象となっているので、いつでもともとに置いておきたいと思われる方は、まとめてご購入されるといいでしょう。

 

ただし、コロナ検査キットには使用期限が設けられていますので、使用期限が切れたものは正しく反応しないこともありますのでご注意ください。ネット総合病院で取り扱われているコロナ検査キットは使用して20分ほどで結果を測定することができます。自身がコロナウィルスに感染しているかどうかを確認したい方は一度ご購入されてみてはいかがでしょうか?

このページの先頭へ戻る